Just a Paper

1769 Words8 Pages
NIKE cultural dimension. どうやって消費者にナイキの製品を買わせるのか 文化的要因を利用した消費者行動への影響 個の要因は最も広範囲に影響を与えており、買い手の文化やサブカルチャー、属している社会階層が購買行動に影響する、 ただただし、文化や社会階層は流動的なものなので今のトレンドを抑える必要があります。例えば、使い古されていますが食の洋食化などは典型で日本人=和食という文化が崩れています。 ●消費者は必ず複数の下位文化に属している。 「文化的要因」には、社会階級と下位文化(サブカルチャー)という要素がある。 社会階級とは、「社会の構成員を、明確なステイタス階級のヒエラルキーに分割し、各階級内は構成員が相対的に同じステイタスを持ち、一方、階級間でははっきりとしたステイタスの違いが見られるようにすること」だ(なんとなく、フーコーの主体化/臣民化を思わせる……)。 ステイタスを決める要素は、世帯年収や職業、学歴など。 社会階級は、消費者の態度・行動の形成において準拠集団として作用しますが、とくに上の社会階級が下の社会階級にとっての準拠集団になることが多いのです。 p.148 下位文化は、あらゆる文化を構成する要素で、国籍、宗教、地域、人種、年齢、性別などにセグメンターションされる。ここに性的指向を加えてもよいだろう。 例えば、米国ではアメリカンフットボールに人気がありますが、ヒスパニック層ではサッカーのほうが人気があります。ヒスパニック層をターゲットにサッカー選手を用いたプロモーションを実施するのは、下位文化に基づいたセグメンテーションです。 p.148…show more content…
By honing in on Shanghai in particular (as well as other cities with later models), Nike has made a clever attempt at aligning design not just with consumers’ tastes, but also with the collision of modern street art and classical Chinese culture that defines so much of what goes on design-wise in Shanghai today. How is Nike Conquering the Challenging China Market? Overview of the Chinese market China: A market considered to be a giant in fashion and luxury. As lucrative and attractive for many brands as it may seem, it is equally delicate and peculiar to operate in and grasp its opportunities and benefits. Therefore, as high of a return that this market can bring to a brand venturing into it, as high of a risk and challenge it is to successfully operate in it. By risk, it is meant that China, by western standards, demands strategies, which are different than any part of the world. Hence, what can work in Europe as marketing and targeting strategies do not necessarily apply to the Chinese market. This is what many brands such as Nike (Score: 25.7) have learned the hard way. As globally successful as a sportswear brand can be, Nike has slipped in the Chinese market not performing as well as it is actually doing in the rest of its global markets. How is Nike doing globally? Nike’s financial results were
Open Document